(法人・個人)外国人の日本ビザ・帰化許可申請代行サービス

姫路国際手続サポートオフィス

当事務所は15年前に開業し地域密着でサポートさせていただいています。在留資格、法人設立、許認可申請等の業務を通じて多くの法人・個人の方々とのネットワークがございます。姫路にはベトナム人をはじめとする外国人(ペルー・フィリピン・韓国・中国)が多く在住しており国際交流が盛んな街でもあり当事務所でもビザ手続を中心に業務を行ってまりました。是非!ビザ・帰化申請は当事務所にお任せください。

技術・人文知識・国際業務ビザとは

在留資格「技術・人文知識・国際業務」とは、日本の公私の機関との契約に基づいて行う以下の業務に従事する外国人を受け入れるために設けられた在留資格です。

  1. 自然科学の分野(理科系の分野)に属する知識を必要とする業務に主として従事する活動
  2. 人文科学の分野(文系の分野)に属する知識を必要とする業務に主として従事する活動
  3. 外国の文化に基盤を有する思考又は感受性を必要とする業務

 日本の公私の機関との契約に基づいて行う、以下に示す理学、工学その他の自然科学の分野、若しくは法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野に属する技術若しくは知識を要する業務、又は外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務に従事する活動が該当します。

 ただし、在留資格「教授」「芸術」「報道」「経営・管理」「法律・会計業務」「医療」「研究」「教育」「企業内転勤」「興行」に該当する場合には、これらの在留資格によることとなります。

  • 「自然科学の分野に属する知識を必要とする業務」とは、学術上の素養を背景とする一定水準以上の業務であることを示すものであり、自然科学の分野に属する技術又は知識がなければできない業務であることをいいます。
  • 「人文科学の分野に属する知識を必要とする業務」とは、学術上の素養を背景とする一定水準以上の業務であることを示すものであり、人文科学の分野に属する知識がなければできない業務であることを意味します。
  • 大学などにおいて理科系又は文科系の科月を専攻して修得した一定の水準以上の専門的知識を必要とするものであって、単に経験を積んだことにより有している知識では足りず,学問的・体系的な知識を必要とするものでなければなりません。
  • 「外国の文化に基盤を有する思考又は感受性を必要とする業務」とは、いわゆる外国人特有の感性、すなわち、外国に特有な文化に根ざす一般の日本人が有しない思考方法や感受性を必要とする業務を意味します。 また、「外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務」といえるためには、外国の社会、歴史・伝統の中で培われた発想・感覚を基にした一定水準以上の専門的能力を必要とするものでなければなりません。

「人文知識・国際業務」は文字通り、“人文知識”と“国際業務”の2つに分けられます。“人文知識”とは、人文科学の分野に属する知識を必要とする業務のことであり、大学を卒業して貿易業務などに従事する場合が該当します。

 一方、“国際業務”は、外国の文化に基盤を有する思考又は感受性を必要とする業務のことであり、具体的には1.翻訳・通訳、2.語学の指導、3.広報、宣伝又は海外取引業務、4.服飾若しくは室内装飾に係るデザイン、5.商品開発その他これらに類似する業務などが該当します。

 注意する点としては、“人文知識”と“国際業務”それぞれの許可基準が違うので、同じ「人文知識・国際業務」のビザ申請であっても、その中で両者のどちらに該当するのかを考え、必要書類などを準備しなければなりません。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。