日本人配偶者ビザの手続方法

こんにちは、行政書士の喜多です。
日本人の配偶者ビザの手続き方法に
ついて説明したいと思います。
国際結婚のパターンなのですが、
大きく考えて2つあると思います。
1つは外国人配偶者がまだ海外にいる場合、2つめは外国人配偶者がもう日本で生活している場合ですね。
1つめの外国人配偶者が海外に住んでいる場合なんですが、
「日本に呼び寄せる」ということになります。
出会いは大きく考えると2つあって、
1つは日本人の方が仕事で海外へ駐在してたとか、
あるいは留学してたとかで
現地で知り合って結婚した場合ですね。
もうひとつは結婚紹介所で国際結婚お見合いを
して結婚したケースですね。
海外で結婚した場合は外国人の夫・妻はビザありませんので、
観光などで入ってくることはできますが、
正規の在留資格はまだない状態ですね。
この場合は、まず日本の入国管理局に「在留資格認定証明書」と
いうものを申請します。
審査が通るとこの「在留資格認定証明書」がもらえますので、
これを海外にいる夫・妻に送ります。

そして現地の日本領事館でこの証明書を提出して
現地でビザをもらいます。
そして日本に来ることができます。
こういう流れになります。
では次は日本にいる外国人と日本で結婚した場合です。
留学生とか、社会人の外国人でもいいですけど、
もう日本に住んでる外国人と結婚した場合ですね。
この場合は外国人の夫・妻はもうなにか在留資格は持っていますので、
就労とか留学とか。
この場合は在留資格の種類を変更することになります。

日本人の配偶者等に変更します。
「在留資格変更許可申請」になります。変更ですね。
何年がもらえるかというのは、婚姻期間、婚姻の信ぴょう性、
安定性、継続性、家族構成(子どもいるかどうか)、
を審査して結果がでますが、普通は最初1年です。
それで次回更新の時に3年が出たりしますね。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら