留学から日本人配偶者

行政書士の喜多です。
日本語学校の留学生や、大学・専門学校の留学生とお付き合いが始まり、結婚にいたった場合の「日本人の配偶者等」在留資格変更の手続ですが、卒業を待って留学から配偶者ビザに在留資格申請をするのか、学校を退学して在留資格変更申請をするのかで大きく難易度が異なります。
留学生が学校を卒業してから日本人の配偶者等への在留資格変更を申請する場合は、いってみれば留学生としての責務をまっとうし、結婚したのであるから割りとスムーズに審査が運びます。
しかしながら、学校を退学して日本人の配偶者等への変更申請をする場合は、審査は厳しくなります。
なぜなら、「なぜ退学をしたのか?」という点を入国管理局は突いてきます。
偽装結婚でビザを取りたい外国人が多い中、「もう勉強したくないから日本人と結婚すれば日本にいられる」「出席率や成績が悪く退学になり留学ビザが切られそう」「高い学費を払うくらいなら日本人と結婚する」と考える外国人が少なからずいるからです。

よって、通常なら提出する必要がないような書類、例えば学校の成績証明書や退学証明書などなどの学校の書類なども求められるケースが多いので、留学を退学して日本人の配偶者へ変更する場合は、十分にさまざまな角度から準備してから申請をするようにお勧めします。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら