夫が無職になった場合の日本人配偶者ビザの更新

行政書士の喜多です。
結婚直後に新規で「日本人の配偶者」の在留資格を取得した時は、日本人夫側にはちゃんと仕事があったが、今回の更新の直前に無職になってしまった場合。
日本人の配偶者等の在留資格は、
・結婚の信ぴょう性
・結婚の安定性
・結婚の継続性
この3点が主な審査項目で、「安定性」という意味で日本人夫が無職になった場合は問題になります。
ただ、結婚の信ぴょう性、継続性については問題ないわけであって夫がたまたま無職の時期と更新の時期がかぶってしまったことの1つの理由で不許可になることはないと判断します。
ただし、外国人配偶者の収入や預貯金、持ち家で現在は生活していることを説明し、仮に収入や預金がない場合は、親族から援助を受けられるなどの説明を立証資料と共にするのがよいでしょう。
またちゃんと仕事を探しているという意味で、ハローワークで求職の登録をしているなどの説明をすべきと判断します。
基本的に、無職の場合は「何の説明もなしに」更新の申請を出すことだけは避けるべきです

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら