再婚禁止期間中に在留資格の期限が切れる場合の対処法

外国人女性が、日本人の夫と離婚した場合に、既に再婚相手と再婚する予定の場合、前回の離婚から現在は100日を経過しないと再婚ができません。
これは再婚禁止期間といいます。
前の夫と離婚し、日本人の新しい再婚相手と結婚する予定があり、すぐに結婚できればビザは問題はないものの、再婚禁止期間が6カ月もあるため、その期間にちょうど現在の日本人配偶者ビザの期限が
来てしまうという状況が発生する場合があります。
既に前夫と離婚しているため、配偶者ビザの更新手続はできないということになります。
その場合に一旦帰国するという選択肢を取りたくない場合は、「短期滞在」に変更できるように申請を試みることをお勧めします。
短期滞在は90日が限度です。もし90日でも足りない場合は、再度短期滞在の延長を試みます。
合計180日になるので、再婚禁止期間をこれで待てます。
再婚禁止期間が終われば、婚姻届が提出できますので、それから日本人の配偶者の申請をするという流れになります。
ただし、短期滞在に必ず変更できる、延長できるとは言えません。
婚約者と同居していることは必要でしょう。
同居が絶対条件というわけではありませんが、同居している方が短期滞在を認められやすいということです。
同居していない場合は、一旦帰国して「認定証明書交付申請」で呼び寄せの手続きを強く案内されるかもしれません。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら