結婚後の在留資格変更について

外国人が日本人と離婚した場合に在留資格はどうなるのか?
という質問をよく受けますが、再婚する予定がない場合は、「定住者ビザ」に変更できる場合があります。
「日本人の配偶者等」の在留資格を持っている外国人が、日本人と離婚または死別した後、そのまま6ヶ月以上経過して日本に在留している場合は、在留資格が取り消される場合があります。
在留資格取消制度といいます。しかし、必ず取消されるというものではなく、6ヶ月経過後はいつ取消されるかわからない状態になるということです。
離婚後に在留期間が1年~2年残っていても、できるだけ早く他の在留資格に変更する手続きを考える必要があります。
日本人と離婚後は在留期限が1~2年残っていても、それまで日本にいれる保証はありません。
定住者ビザを取れる可能性があるのは、婚姻期間3年以上、日本国籍の子供がいる場合となります。(離婚定住)よって就労か定住者か、その他の在留資格も検討する必要があります

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら