国際結婚手続は難しい?

行政書士の喜多です。
外国人との結婚ですから、日本人同士の結婚とは全く異なります
日本人同士の結婚ならば婚姻届を区役所に出すだけですが、外国人と日本人の国際結婚の場合は、日本で婚姻手続きをして、さらに外国人の母国でも婚姻手続きをするということが必要です。
日本でだけ婚姻手続きをしても、相手国では未婚のままになってしまいます。
さらに「日本人の配偶者等」の在留資格申請にあたっては、両国で婚姻済みであることが基本的要件です。
日本にふたりが住んでいるなら、まずは日本での婚姻手続きから始めるのが普通です。
ただし、その際には外国人の母国の証明書類が必要になってくるのが一般的です。
この取り寄せが煩雑だと感じられるかもしれません。
どんな書類をどこで集めるんだろう・・・と。
それは各国別によって全く異なります。
一般的には相手国が発行した婚姻要件具備証明書、出生証明書などなど。
基本的には外国人配偶者が独身であることの証明書になります。
そして外国語で書かれていますので日本語の翻訳文を添付し、翻訳者の署名をしなければなりません。
さらに相手国によっては大使館や外務省の認証印が必要になるケースもあります。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら