国際結婚後の戸籍謄本

行政書士の喜多です。
日本人と外国人が国際結婚した場合、戸籍にはどのように記載されるのでしょうか?
まず、日本人には戸籍というものがあります。日本人ではない外国人は日本には「戸籍」がありません。
結婚前は、日本人は両親の戸籍に入っています。そして結婚すると両親の戸籍から抜けて新しい戸籍ができます。
両親の戸籍から抜けることを「除籍」といいます。国際結婚をすると、両親の戸籍から抜けて、あなた1人の戸籍ができます。日本人男女の夫婦の場合はどちらも日本人なので、2人の戸籍ができますが、外国人と結婚した場合はあなた1人の戸籍ができます。その戸籍謄本の身分事項欄に外国人配偶者の氏名や国籍が記載されることになり、これで婚姻しているという状態がわかります。あくまでも外国人配偶者の戸籍謄本はありません。ちなみに住民票は外国人もありますので住民票は日本人と同じ取り扱いになります。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら