婚姻要件具備証明書とは

行政書士の喜多です。
国際結婚をしようとする人にとって、婚姻要件具備証明書が必要になることが多いです。
おそらくほとんどの人は初めて聞く言葉でしょう。
そもそも「婚姻要件」とは何でしょうか?
婚姻要件とは日本人の場合は、男性は18歳以上、女性は16歳以上でなければ結婚できません。
結婚に関するこれらの制限を婚姻 要件と呼んでいます。
では、婚姻要件具備証明書とはなんでしょうか?
婚姻要件は世界各国によって違います。
日本は18歳と16歳ですが、20歳以上と定めている国もあります。
ですので、外国人が そもそも婚姻要件を満たしているかどうかは、その外国人の国の法律で決められています。
外国人が婚姻要件を満たしていることを証明した書類のことを「婚姻要件具備証明書」と言います。
■外国人の婚姻要件具備証明書の取得方法
国によって通常は違いがありますので、事前に大使館(領事館)のホームページで確認するか、
それでもわからない場合は電話で確認したほうがよいでしょう。
出生証明書や独身証明書を添付するように指示されている場合もあります。
その場合は、本国から事前に取り寄せておく必要があるということになります。
■日本人の婚姻要件具備証明書の取得方法
日本人の婚姻要件具備証明書は、法務局で発行しています。
通常は出張所では発行していませんので、最寄りの本局か支局へ行く必要があります。
事前に法務局に婚姻要件具備証明書の発行をしているか確認を取り持っていくものを聞いておく事をお勧めします。
日本人の婚姻要件具備証明書(法務局発行)を配偶者の母国の役所に提出する場合は、通常はさらに日本の外務省の認証を受けなければなりません。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら