在留資格「日本人配偶者等」とはどんな内容

行政書士の喜多です。
国際結婚をしたら外国人配偶者は通常は「日本人の配偶者等」の在留資格を取得するのが普通です。
在留資格の正式な名称は「日本人の配偶者等」で、「等」がついています。
つまりこれは、配偶者だけに限らないということです。「等」の中には子や養子も入ります。
詳しく見て行きましょう。
「日本人の配偶者等」の内容です。

1 日本人の配偶者
配偶者とは有効に婚姻している者で、内縁は含まれません。
また離婚や死別している場合も含みません。
さらに、有効に婚姻している者でも、同居、相互扶助、社会通念上夫婦の共同生活を営むといった「実体」がないと在留資格は認められません。
つまり在留資格が許可されないということです。
偽装結婚とは、法律上は有効に婚姻していますが、夫婦の実体のないことを言います。
つまり在留資格(ビザ)目的で、法律的に婚姻しただけで夫婦の実体はないということです。
ですので、入国管理局は偽装結婚での在留資格取得を防止するため単に結婚をしただけでは在留資格の取得を認めず、夫婦の実体を証明資料と共に説明するように申請者に求めています
この考え方をもとに申請資料を作っていきましょう!

2 日本人の子として出生した者
日本人の子として出生した者とは、簡単にいえば「実子」です。
日本人の子どもでさえあればよいので、結婚していない日本人との間に生まれた子でも「日本人の配偶者等」の在留資格が取れます。
認知のみでよいということです。

3 特別養子
特別養子とは普通の養子とは違います。
6歳未満で、生みの親と法的に身分関係がなくなるなどの要件を満たして家庭裁判所で手続をするのが特別養子です。
単なる養子では日本人の配偶者等は取得できません。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら