在留資格の取り消し

行政書士の喜多です。

入国管理局には「在留資格取り消し」の権限があります。

国際結婚に関するもので言えば、「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」の在留資格も

取り消しの対象となります。

どういう場合に取り消しになるかというと、正当な理由なく配偶者としての活動を

6ヶ月以上行わないでいる場合です。

 例えば外国人配偶者が勝手に家を飛び出してどこかへ行ってしまい夫婦としての実体がなくなっている場合や、日本人と離婚後に「日本人の配偶者等」の在留資格該当性がなくなっているにもかかわらず適切な在留資格に変更しない場合が当てはまります。

正当な理由があれば取り消しの対象にならないので、例えば別居状態ではあっても子の親権を巡って調停中であるとか、離婚訴訟中であるとかであれば取り消しにはなりません。

正当な理由があると判断されます。

日本人と離婚した場合は、「定住者」への在留資格変更が認められる場合があるので、遅滞なく変更手続を取るようにお勧めします。

定住者への変更も、もたもたしてるとなんでいままで放置してたんだと入管側が突いてきます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら