日本人配偶者等から定住者への変更

行政書士の喜多です。

日本人と結婚をしていて「日本人の配偶者等」の在留資格を持っていた方が、日本人と離婚した場合にビザをどうするか?という問題が発生します。

その場合によくある質問としては、「私は離婚してもこのまま日本にいることはできるでしょうか?」

という質問です。

答えとしては、日本人と結婚して「日本人の配偶者等」で3年以上在留していたのであれば、離婚しても「定住者」への変更ができます。

離婚後に「定住者」に変更して日本に残りたい場合は、現在の収入の証明や、今後日本でどのように生活していくのか、なぜ日本に残りたいのか、など理由書に合理的・説得的に記載して

申請をする必要があります。

ポイント

・日本国籍の子供がいない場合は、同居した結婚期間が最低3年以上必要です。

・日本国籍の子供がいる場合は、結婚期間が1年程度でも可能性はあります。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら