外国人と国民年金の基礎知識

行政書士の喜多です。

行政書士をやる上で、外国人の年金についても知っておいてほしいと思います。

今後長年にわたって日本で生活する外国人配偶者にとって国民年金について基本的なことは知っておいていただきたいと思います。

 国民年金は、「日本に住んでいる」20才以上60才未満のすべての方が国民年金に加入し、年金を支払う義務があります。

ポイントは「日本に住んでいるなら」国籍は問わないということです。

よって、外国人も国民年金を支払う義務がありますし、将来年金を受け取る権利もあります。

 ただし、外国人本人が会社に勤めていて「厚生年金保険」に加入している場合は、「国民年金」は支払う必要はありません。

また、外国人が主婦などで働いていない場合に、日本人配偶者が会社で厚生年金に加入している場合は、外国人配偶者は「3号被保険者」というものになって年金を支払う必要がなくなります。

支払いがなくても3号被保険者として将来年金は受け取れます。

会社に勤めていても厚生年金に加入していない場合は、もちろん国民年金に加入し、支払い義務があります。

自動的に自宅に年金の支払い納付書が送られてきていれば、コンビニ等で支払えばよいですが、送られてきていない場合は、国民年金に加入されていないので加入したい場合は年金事務所で手続きをする必要があります。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら