「家族滞在」審査ポイント

(1)在留資格の決定時

 ア 申請人と扶養者との身分関係

   申請者(申請人等作成用及び扶養者等作成用)並びに扶養者との身分関係を証する

   文章から、申請人が扶養者の配偶者又は子であることを確認する。

 イ 扶養者の在留資格等

   申請者(扶養者等作成用)及び在留カード又は旅券の写しから、申請人の配偶者又

   は親である扶養者の在留資格が、「教授」、「芸術」、「宗教」、「報道」、「高度

   専門職」、「経営・管理」、「法律・会計業務」、「医療」、「研究」、「教育」、

   「技術・人文知識・国際業務」、「介護」、「興行」、「技能」、「文化活動」、又は

   「留学」(基準省令第1号イ又はロに該当するものに限る。)であることを確認する。

   扶養者が付与された在留資格に係る活動を行っていない場合、扶養者の扶養能力及び

   在留資格に係る活動への復帰の予定について、慎重に審査する。

 ウ 扶養者の扶養意思

   申請者(扶養者等作成用)から、扶養者が扶養の意思を有することを確認する。

 エ 扶養者の扶養能力

   申請者(申請人等作成用及び扶養者等作成用)並びに扶養者の職業及び収入を証する

   文書から、扶養者が申請人を扶養することのできる経費支弁能力を有することを確認

   する。

 オ その他

   配偶者又は子にあたっては、現に扶養者の扶養を受け又は監護養育を受けていると認め

   られることを確認する。

   また、配偶者又は子として在留する場合にあっても、主たる入国目的が扶養者に依存

   することなく独立して別個の活動に従事するときは、それぞれに対応した在留資格を

   決定する。

(2)在留期間の更新時

 ア 申請人と扶養者との身分関係

   上記(1)アに同じ。ただし、身分関係に特に疑義のない場合は省略して差し支えない。

 イ 扶養者の在留資格等

   上記(1)イに同じ。

 ウ 扶養者の扶養意思

   上記(1)ウに同じ。

 エ 扶養者の扶養能力

   上記(1)エに同じ。

 オ その他

   配偶者又は子にあたっては、現に扶養者の扶養を受け又は監護養育を受けていると認め

   られることを確認する。

(3)その他留意事項

   扶養者が「文化活動」又は「留学」である場合、扶養者は本邦において原則として

   就労することができないことから、扶養者の扶養能力について十分審査することとする

   が、既に在留している家族からの申請については、扶養者及び被扶養者の在留状況を

   斟酌し、扶養能力を柔軟に審査することとする。

   なお、扶養者の経費支弁能力と認める資産等は扶養能力と認めることとし、扶養者及び

   被扶養者が資格外活動許可の範囲内で行った就労活動(いわゆるアルバイト)による

   預貯金は扶養能力として認め、第三者による援助についても、援助の経緯等を勘案し、

   安定・継続して援助することが確実なものについて認めるものとする。   

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら