「日本人の配偶者等(国際結婚)」審査ポイント

(1)在留資格の決定時

 ア 共通事項

  (ア)申請者

    ①在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

    ②在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

    ③在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

    ④在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (イ)提出資料

     在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 イ 日本人の配偶者の身分を有する者

    法律上の婚姻関係だけではなく、当該婚姻が実体を伴うものであることについて、

    提出資料等により判断する。

  (ア)戸籍謄本

    ①在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

    ②在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (イ)住民票

     在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (ウ)納税証明書

     在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (エ)身元保証書

     ①在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     ②在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (オ)質問書(認定・変更用)

     ①在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     ②在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     ③在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     ④在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (カ)交際・交流に関する立証資料

      在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (キ)外国の機関が発行する婚姻証明書

      在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (ク)提出資料の追加請求

      在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (ケ)実態調査

      在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 ウ 日本人の子として出生した者の身分を有する者

        (ア)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (イ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 エ 日本人の特別養子

   在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

(2)在留期間の更新時

 ア 共通事項

   上記(1)アに同じ。

 イ 日本人の配偶者の場合 

   (ア)質問書(更新用)

     在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

   (イ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

      (注1)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

      (注2)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

(3)「短期滞在」の在留資格をもって在留する者からの在留資格変更許可申請の場合

   「短期滞在」の在留資格をもって在留する者からの変更については、「やむを得ない

    特別な事情」があることが必要である。「やむえお得ない特別な事情」がある場合

    とは、次のようなものをいう。

       ア 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

       イ 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

       ウ 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

審査に当たってのその他の留意事項

(1)経費支弁能力について

 ア 身元保証人が経費を支弁する場合

   在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (ア)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。  

  (イ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可

  (ウ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可

 イ 申請人が本邦において生業に就くことにより本邦在留中の一切の経費を支弁しようと    する場合

   申請人が当該活動に従事することが真に予定されているかを次により確認する。

  (ア)在留審査要領黒ぬりの為記載不可

  (イ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可

  (ウ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可

 ウ 収入金額について

  在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (ア)在留審査要領黒ぬりの為記載不可

    ①在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

    ②在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

    ③在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

    ④在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (イ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (ウ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (エ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

    ①在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

    ②在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

    ③在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     (注)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 エ 公共の負担の考え方について

    現に公共の負担となっている者又は公共の負担となるおそれのある者であると認め

    られたものについては、以下のとおりとする。

  (ア)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (イ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     ①在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     (注)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     ②在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     (注)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

(2)申請人が日本人配偶者と別居している場合について

 ア 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 イ 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 ウ 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

(3)離婚調停又は訴訟中の者について

 ア 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 イ 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 ウ 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

(4)在留資格該当性がないことを理由として不許可とする場合について

 ア 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 イ 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 ウ 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 エ 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

(5)入管法第5条に該当する者から在留資格認定証明書交付申請等があった場合の取扱い

 ア 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

   (ア)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

   (イ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

   (ウ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     ①在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

      a在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

      b在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     ②在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 イ 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

   (ア)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     ①在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     ②在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     (注)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

        a在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

        b在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

     ③在留審査要領黒ぬりの為記載不可。 

    (イ)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら