「永住者」審査における留意点

(1)永住許可の要件として在留歴「10年」並びに就労資格及び居住資格「5年」を求めている

 のは、法務大臣が将来にわたって日本に永住するという権利を付与するに当たっては、

 申請人の我が国社会との有機的関連が相当強くなり、これから期間の在留を通じて我が国

 社会の将来にわたる構成員としての地位を認めることが適当なためである。他方、国益要件

 の該当性判断に当たっては、申請人の在留状況、家族状況、我が国への貢献度等を総合的に

 勘案してその許否を決定するものであることから、これら期間以上の在留歴があれば永住が

 当然に許可されるというものでない。

(2)在留歴が「10年以上」に満たないも者は在留歴10年のうち就労資格若しくは居住資格

  への在留資格変更許可後「5年以上」に満たない者については、申請人の在留状況、家族

  状況、我が国への貢献度等その他の要素を総合的に考慮し、国益要件に適合していると

  判断し得る次のような案件については、特に配慮を要する。

  ア 本邦で出生した者又は親に同伴して入国した者で、義務教育の大半を我が国の学校

   教育法に基づく教育機関で修了しているもの

  イ 「特別永住者」又は「永住者」の在留の資格をもって在留していた者で、海外留学や

   病気等やむを得ない理由により再入国の許可の有効期間経過後に上陸を認められかつ、

   入管法上の在留資格のいずれかをもって在留しているもの

  ウ 配偶者又は親が永住許可相当と判断される場合の配偶者又は同一世帯に所属する子

   (注)在留審査要領黒塗りの為記載不可。

  エ 就労資格又は居住資格で在留中の者で、出国中に病気等やむを得ない理由により

   再入国許可の有効期間経過後に上陸を認められ、かつ、出国前と同一の在留資格で

   在留しているもの

(3)日本人、永住者又は特別永住者の実子については、「1年以上本邦に継続して在留して

  いること」が必要とされているところ、当該要件は、本邦で出生した者又は日本国籍を

  離脱した者を念頭に定めているものではなく、したがって、次のような案件については

  当該申請人が「1年以上本邦に継続して在留してい」ない場合であっても、他の要件を

  満たすときは、本邦に在留の実態がない場合を除き、永住を許可する方向で検討する。 

  ア 日本人、永住者若しくは特別永住者の実子として本邦で出生した者又は日本国籍を

  離脱した者が、「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」の在留資格を決定されて

  取得許可を受けた後、改めて永住許可申請に及んだ事案

  イ 本邦で出生し、「定住者」又は「家族滞在」の在留資格を決定されて取得許可を受け

  た者が、その後両親のいずれかが日本国籍の取得、永住許可又は特別永住許可を受けた

  ことに伴い、日本人、永住者又は特別永住者の実子たる身分を有する者として、改めて

  永住許可申請に及んだ事案

  (注)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

(4)「家族滞在」の在留資格をもって在留する者からの永住許可申請に係る審査において、

  扶養者が永住許可相当と判断される場合は、当該申請人が「3年」未満の在留期間を決定

  られて在留している場合(当該申請人の在留状況を1年に一度確認する必要があるとして

  「1年」の在留期間が決定された場合を除く。)であっても、他の要件(本邦在留要件

  を除く。)を満たすときは、永住を許可する方向で検討する。

  (注)上記に該当し、永住許可相当と判断する事案については、一括進達して差し支え

     ない。

(5)「留学」の在留資格をもって在留する者で、その在留期間が「4年3月」(施行規則別

   表第二に規定されている最長の在留期間)でない場合であっても、それが単に卒業

  (修了)までの在籍予定期間を理由とするものであって、在留不良といった事情のない者

  については、親について永住許可相当と判断される場合で、他の要件(本邦在留要件を除

  く。)を満たすときは、永住を許可する方向で検討する。

  (注)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

(6)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  (注)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

(7)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  ア 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  イ 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

  ウ 在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

(8)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

(9)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

(10)在留審査要領黒ぬりの為記載不可。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら