技能ビザの取得方法(外国人調理師・コック

技能ビザの取得方法(外国人調理師・コック)

①海外からの招へい
技能ビザの許可要件は、原則として実務経験10年以上                 (タイ料理人のみ5年以上)が必要で、この実務経験は日本で積むことはできません。

調理専門学校を卒業した新卒外国人は、                        この実務経験年数要件を満たすことはできませんので、                 調理師として日本で働くことはできません。

よって新規に技能ビザを取得するのは、                        そのほとんどが海外からの招へいとなっているのが現状です。

この場合に必要な手続きが「在留資格認定証明書交付申請」です。
本人の実務経験と日本での勤務先の審査を経て許可されます。

②転職者の採用
技能ビザは取得要件として10年以上の実務経験が必要ですから、
新卒者ではほとんどのケースで取得できません。

そのような事情によって外国人のコックさんを採用するには、              海外から実務経験者を招聘するか、                          すでに日本国内で働いているコックさんを中途採用するかの
2つしか方法がありません。

中途採用は、本人にとっては転職となります。
転職した場合の入管手続としては「所属機関の変更の届出」が必要です。


そして転職者本人の在留期限がまだ十分に残っている場合は
「就労資格証明書交付申請」をします。

現在所持する技能ビザは前職の店舗で働くという前提で出ているものです。
ですから転職した店舗(会社)で適法に働くことができることを証明する必要があります。

在留期限がほとんど残っていない場合には、「就労資格証明書交付申請」をせずに、    更新申請の際に転職後の会社情報を提出し許可をもらいます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら