実務経験10年を証明することができない場

技能ビザが許可されるためには、実務経験の証明が一番重要です。
実務経験の証明のためには現在本国で勤務している料理店から在職証明書を取得します。

それでも実務経験年数が足りない場合は、
かつて勤務していた料理店から正式な在職証明書を取得します。

在職証明書は場合によっては公証書にした上で証明しなければなりません。
また、実務経験年数は満10年以上必要ですので、9年何カ月の証明書では足りません。

そのくらい本国から取得する在職証明書は重要な資料になります。

ですが、過去に勤務していた料理店が倒産や廃業している場合です
在職証明書が取得できません。

しかしながら在職証明書が取得できないと技能ビザが許可されません。

本人がいくら働いていたといっても、証明ができないと
働いていないことと同じような取り扱いとされます。

少し厳しいようですが入管の取り扱いはこのような形です。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら