IT業界での外国人雇用

システム開発やソフトウェア開発、保守、顧客サポートなどを行う
IT関連企業での外国人雇用について在留資格の面から見てみたいと思います。
職種によって在留資格を取得するにあたってのポイントです。

☆ソフトウェア等の開発業務

ソフトウェア等の開発業にあたっては基本的には、
大学や専門学校での専攻内容と職務内容に関連性があることが必要です。
基本的には大学等で情報関連科目を取得していることが必要です。

情報関連の単位を全く取得していない文系学部出身の
外国人をソフトウェア等の開発業務に就かせたい場合は、
人文科学の分野に関する知識を必要とするソフトウェア開発に
従事する場合は在留資格を取得できる可能性があります。

例としては会計を専攻した外国人が会計ソフトの開発を行うなどが当てはまります。

☆バックオフィス・営業業務(総務・人事・経理・法務・通訳翻訳・営業等)

IT関連企業でバックオフィス業務や営業・マーケティングを担当する場合は、
経済学部・経営学部・法学部・その他文系学部で職務と専攻内容に                                          関連性があれば在留資格が取得できます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら