不動産業での外国人就労

年々日本に来る外国人が増えるなか、外国人向けに不動産の賃貸仲介、
売買の仲介をする不動産会社も増えてきています。

賃貸仲介については留学生や外国人就労者向け、                                                                        売買については日本に長期滞在する外国人向け、
投資用として高級分譲にいたってはアジア系富裕層が買うのが増えています。

不動産の営業担当や、通訳・翻訳の担当として 外国人社員の就労ビザを取ることは可能です。

まず物件の紹介や入居手続き、契約書の作成サポートなどの仕事がメインの場合は、
大学での専攻が経営や経済、法学部の場合のほうが比較的取りやすいと思います。

また外国人顧客への通訳翻訳の仕事の場合は文学部出身でもいける場合が多いと思います。

基本的な考え方としては、外国人社員の大学や専門学校での専攻内容が、
会社で従事する仕事内容に十分活かせるかどうかが許可・不許可のポイントですので、
そこを十分検討すれば不動産会社という業種では比較的他の業界よりも外国人に就労ビザが
出せるのではないかと思います。 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら