建設業での外国人就労と在留資格

建設業界の企業規模も1人親方から上場企業まで大きな幅がありますが、
外国人雇用に関しては、事務系職種と建築現場作業で大きく分かれます。

事務部門でいえば、人事総務の仕事、会計の仕事、
マーケティング・営業の仕事、海外拠点との通訳翻訳の仕事など事務系であれば全般的に
就労の在留資格を取得することが可能です。

また技術系の仕事でいえば、設計、技術開発などの                                                                    技術職でも就労の在留資格を取得することが可能です。

上記は「技術・人文知識・国際業務」という在留資格になり
大学等で学んだ専攻と関連する職務で雇用される場合に取得できます。

☆建築現場での作業は単純労働とみなされますので                                                                    基本的には就労の在留資格は取得できません。

就労制限のない「日本人の配偶者等」「永住者」                                                                      「永住者の配偶者等」「定住者」や帰化した外国人は建築現場での作業で雇用可能です。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら