派遣で外国人を受け入れる時の在留資格

派遣社員として外国人を雇用する場合にも在留資格を取得することは可能です。
派遣社員を受け入れる時の手続きは、在留資格の手続き以外は日本人と同じです。

派遣社員というのは、派遣会社(派遣元)に雇用されています。

派遣会社に雇用された社員が、派遣先(就労先)で働くことになります。

直接の雇用関係が派遣会社(派遣元)との間にあるため、
派遣会社がスポンサーとなり在留資格の申請をするということになります。

在留資格申請の審査については、
①本人審査、②派遣会社(派遣元)の審査、③派遣先(就労先の会社)の                                3つの審査が入ります。

☆本人審査
本人の学歴や職務経験

☆派遣会社
必要な営業許可を取得しているか等のコンプライアンス、財務状況など企業としての              継続性・安定性が問われます。

☆就労先
どんな職務内容で、どのような業務を担当するのか。

職務内容に関しては、基本的に「専門的・技術的」な職務内容に限られます。

例えば「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を取得し、
エンジニアとして派遣されている場合に派遣社員だからといって
雑用的業務をさせることは基本的にできません。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら