短期滞在で日本に来ていた人を雇用する場合

短期滞在(観光)もしくは、査証免除(ノービザ)で日本に来ている外国人が、
日本で就職活動をしている場合があります。

短期滞在で来日している外国人に採用面接をして、内定を出すのもかまいません。

しかしながら短期滞在は就労が「不可」ですので、採用してそのまま働くことはできません。

結局のところ、正規の就労系の在留資格を取らなければならないのですが、
この場合は「在留資格認定証明書」というものを取得する必要があります。

在留資格認定証明書を取るためには、入国管理局に対して「在留資格認定証明書交付申請」を
しなければなりません。

短期滞在やノービザは就労が不可ですので、正規の在留資格を取るまではくれぐれも
就労させないようにお気をつけ下さい。

また、採用にあたっては事前に在留資格が取れるのかということを確認するためと、
そもそも卒業証明書と成績証明書は入国管理局への添付書類となりますので外国人本人から
取得しておいたほうがよいでしょう。

在留資格認定証明書は申請してから平均的に審査期間が約1ヶ月程度となります。                   原則的な手続としては、在留資格認定証明書が出たらそれを持って
母国の日本大使館へ提出しビザをもらって再度来日する流れです。

ただし、日本に滞在中に在留資格認定証明書の交付が間に合った場合は、                               一旦帰国することなく、今度は在留資格認定証明書を添付して「在留資格変更許可申請」を
することにより一旦帰らずに正規の在留資格を取得することが可能になります。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら