外国人を美容師として雇う

外国人を美容師として雇用する場合、就労の在留資格は取得できません。

美容やメイク、ネイルなどの分野については、該当する在留資格がないため許可されません。

したがって美容系の専門学校を卒業した外国人を雇用し、
就労の在留資格を申請しても許可が下りません。

美容師やメイク、ネイルなど美容室で働くことができるのは、
就労制限のない在留資格である「日本人の配偶者等」「永住者」
「永住者の配偶者等」「定住者」、もしくは帰化した外国人ということになります。

もしくはアルバイトで雇用するなら週28時間以内で、
留学生か「家族滞在」の在留資格をもつ外国人を雇用することは可能となります。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら