会社規模によって4カテゴリーに分類される

就労の在留資格を申請するにあたって会社規模によって4カテゴリーに分類されます。
このカテゴリによって提出書類が大きく行ります。

このカテゴリの4つの区分ですが、簡単に言えば、
カテゴリ1は上場会社、
カテゴリ2は未上場の大規模会社、
カテゴリ3は設立2年目以降の中堅・中小零細企業、
カテゴリ4は設立間もない新設会社となります。

ほとんどの会社はカテゴリ3に該当してくるかと思われます。

以下にまとめます。

カテゴリー1 
(
1) 日本の証券取引所に上場している企業                                                                                  (2) 保険業を営む相互会社                                                                                                         (3) 日本又は外国の国・地方公共団体                                                                                         (4) 独立行政法人                                                                                                                       (5) 特殊法人・認可法人                                                                                                             (6) 日本の国・地方公共団体の公益法人                                                                                        (7) 法人税法別表第1に掲げる公共法人


カテゴリー2 
前年分の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表中,給与所得の源泉徴収票合計表の源泉徴収税額が1,500万円以上ある団体・個人 

カテゴリー3 
前年分の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表が提出された団体・個人(カテゴリー2を除く)   

カテゴリー4
左のいずれにも該当しない団体・個人

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-253-8182

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

今すぐ無料相談!

どのようなことでもご連絡ください無料相談となっています

お電話でのお問合せはこちら
※9:00~18:00(月曜~土曜)

079-253-8182

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

喜多政人
申請取次行政書士 喜多政人
資格、経歴
  • H14年 行政書士資格取得
  • H15年 申請取次資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表プロフィールはこちら